ラーニングタワーの作り方

 

こんにちは!りんりんままです。

今日は、ラーニングタワーの作り方などをご紹介します。

はじめに

DIYについてわたしはど素人、パパは趣味でやっている範囲です!

DIYにものすごく詳しいわけではありませんので、この作り方が1番良い!といえるものではなく、あくまでも「私たちはこうやって作ったよ〜」という風に認識していただければと思います。

ど素人のわたしがパパにど素人らしい質問を繰り返し、呆れさせながら苦労して作った記事です。(笑)

初めての方にも分かりやすいよう書いたつもりなので、最後まで読んでいただけると嬉しいです!

1.ラーニングタワーの作り方

2.補足説明

3.注意事項

4.かかったコスト

5.完成品の写真

6.あとがき

少しでも、参考になれば嬉しいです。

 

1.ラーニングタワーの作り方

2.補足説明

・下穴は、ネジが緩まないように、ネジよりひと回り小さい下穴ドリルビットで開けてください。

・木と木を片手で合わせながら下穴を開けるのが大変な時は、2人でやると良さそうです。

・IKEAのない県に住んでいるので他の踏み台を探したけど、お手頃なものが見つけられず。結局送料を含めてもIKEAで買った方が安かったので、ネット購入しました。

・検索した中では、背面にも板があるものが多いようですが、自分で登れるようにしたいと考えた結果、我が家では取り外し可能な構造で太いチェーンをつけることにしました。自分で上り下りが出来るので個人的にはこれで良かったと思っていますが、頑丈さで言えば板の方が勝ると思います。各ご家庭で選んで頂ければと思います。

3.注意事項

・柵があるので普通の踏み台に比べて落下しづらいですが、使用中はお子様から目を離さないようにしてください。

・包丁や熱いものなど、危険がいっぱいあります。手の届くところに危ないものがないか、常に確認しながらご使用ください。

4.かかったコスト

・木材 ワンバイフォー(横板) 約350円

・木材 細いやつ(縦棒) 約280円

・スリムネジ 約100円

・IKEA踏み台 約1500円+送料990円

・チェーン 約200円

・吊りフック 約200円

我が家の場合はここまで。

他は家にあるものを使ったので3620円ほどで出来ました。

 

塗料は普段からよく使うもの。

ミルクペイント→約700円

ヴィンテージワックス→約1900円

使用量はミルクペイントが1/3くらい、ヴィンテージワックスはほんのちょっと。実質300円分くらいかな。もちろん無塗装でも!ナチュラルでかわいいです。

 

電動ドライバーは安いものだと2000円代から、ドリルビットややすりは100均で買えます。

お店によって前後すると思うので参考程度に見ていただければ嬉しいです。

 

5.完成品写真

6.あとがき

はー、はー、はー。大変だった。(笑)

立体図を書くのがとにかく大変でした。脳内フル回転。

DIYの記事を書くのは初めてなので、分かりづらいところもあったかもしれませんが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

ネットで検索すると他の方の作品も多々出てくるのでぜひ理想のラーニングタワーを見つけてつくってみてくださいね!

2+